ニュースNews

DIGITAL CRISIS RESEARCH INSTITUTE

デジタル・クライシス白書2020公開のお知らせ

デジタル・クライシス総合研究所は、2020年1月15日に「デジタル・クライシス白書2020」を発行しましたのでお知らせいたします。

 近年、デジタルメディア上での「炎上」と呼ばれる事態(以下、「炎上事案」と称する)が急速に増加傾向にあり、マスメディアや様々なステイクホルダーを巻き込み、企業、団体や個人の活動をより一層危機的な状態にしています。

 炎上事案は、ソーシャルメディアなどのデジタル上に存在するメディアを起点とする傾向にあります。炎上事案の発生が日常化しており、フェイクニュースも含めて、マスメディアや事案に関係する内外の関係者、社会に大きな影響を与え、世論をリードしています。

 「デジタル・クライシス白書2020」は、近年、加速度的に変化してきたデジタル上でのクライシスが増加・深刻化してきていること、そして今後更に拡大が想定されることを鑑みて、ソーシャルメディアを中心とした各種媒体とデジタル上のクライシスの特性、傾向と論調を把握するために調査分析したものです。

 本稿が、デジタル・クライシスに対する予防・準備を検討又は実行する上での一助となれば幸いです。

「デジタル・クライシス白書2020」のダウンロードはこちらから

法人名 ※必須
部署・役職
お名前 ※必須
お名前(カナ) ※必須
メールアドレス ※必須
電話番号