ニュースNews

DIGITAL CRISIS RESEARCH INSTITUTE

シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所による最新の炎上事案分析(調査対象期間:2022年7月1日~2022年7月31日)

ネット炎上や情報漏えいなどのデジタル上で発生したクライシス(危機や重大なトラブル)を研究する、日本初の研究機関シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所(以下、弊研究所)は、8月16日、2022年7月1日~7月31日に発生したネット炎上について件数とその内訳の分析結果を公開しました。

投稿内容に「炎上」というキーワードを含む4,759件の投稿から148件の炎上事案を抽出し、炎上の原因となった問題行動の主体、問題行動の内容、炎上を起こした企業の業種などの切り口から傾向を分析しました。

「最新の炎上事案分析資料(調査対象期間:2022年7月1日~2022年7月31日)」のダウンロードはこちらから

https://dcri-digitalcrisis.com/wp-content/uploads/2022/08/enjou_report_202207.pdf

■調査背景

2022年1月12日、弊研究所はソーシャルメディアを中心とした各種媒体とデジタル上のクライシスの特性、傾向と論調を把握するために「デジタル・クライシス白書2022」(調査対象期間:2021年1月1日~12月31日)を公開しました。今回の調査は「デジタル・クライシス白書2022」の内容を補足するものです。

※「デジタル・クライシス白書2022」は以下のURLからダウンロードが可能です。
https://www.siemple.co.jp/document/hakusyo2022/

 

炎上事案分析のデータ使用や炎上分析データについてのご質問につきましては、問い合わせフォームよりお問い合わせください。