セミナーSeminar

DIGITAL CRISIS RESEARCH INSTITUTE

[特集] シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所ランチタイムセミナー

第62回『ブランドから生活者へ、今捉えるべきコミュニケーションのあり方とは』

2021年08月18日(水) 12:00〜13:00(11:45~入室開始)

第62回『ブランドから生活者へ、今捉えるべきコミュニケーションのあり方とは』

今回の内容

第62回となる今回のゲストは、株式会社エフアイシーシー代表取締役の森啓子氏です。

森氏は、米マウント・ホリヨーク大学 BA(文学士)、米マサチューセッツ芸術大学大学院 MFA(美術学修士)課程を修了し、卒業後は米国デザイン・広告会社にて勤務しました。その経験を活かし2005年にFICCに入社、2019年には同社の代表取締役に就任しました。現在、同社は、ブランド・マーケティングを専門とするFICCの経営戦略のコアに「学際的リベラルアーツ」を掲げ、個人の想いや学びから価値を創造し続けるイノベーティブ組織を目指して日々尽力しております。

なお、株式会社エフアイシーシーの活動内容や経営理念に関しましては、以下URLをご参照いただければと存じます。

▼予測できない未来に、いかに社会への価値を創造し続けるか | FICC代表 森 啓子
https://www.ficc.jp/inside/20201014/



今回は、「ブランドから生活者へ、今捉えるべきコミュニケーションのあり方とは」をテーマに、分析・解説して参ります。過去と現在のブランドコミュニケーションを振り返ると、同一ブランドからのメッセージであっても、価値観の変化とともに受け取られ方が大きく変わり、表現や行動が見直されている例が増えています。

本セミナーでは、近年のブランドコミュニケーション事例を参考にしつつ、価値観を捉えきれずに炎上リスクに繋がったものや、反対に新たなコミュニケーションが受け入れられた事例について語り、今ブランドが捉えるべき「コミュニケーションの文脈」について、対談形式でご説明いたします。

堅苦しくない内容を目指しますので、お昼のランチタイムにご飯を食べながら、仕事のちょっとした休憩がてらなど、お気軽にご視聴いただければと思います。途中までの参加、途中からの参加も可能です。在宅でも視聴可能ですので、ぜひ一度お気軽にご参加ください。

パネリスト

桑江 令(くわえ りょう)

シエンプレ株式会社 主任コンサルタント 兼 シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所 主席研究員。 デジタルクライシス対策の専門家として、NHKのテレビ番組に出演したり、出版社でのコラム、日経新聞やプレジデントへのコメント寄稿も担当。一般社団法人テレコムサービス協会 サービス倫理委員も務める。

森 啓子(もり けいこ)氏

株式会社エフアイシーシー 代表取締役。 米マウント・ホリヨーク大学 BA(文学士)、米マサチューセッツ芸術大学大学院 MFA(美術学修士)課程修了。 米国デザイン・広告会社で勤務後、2005年、FICCに入社。2019年、代表取締役に就任。 ブランド・マーケティングを専門とするFICCの経営戦略のコアに「学際的リベラルアーツ」を掲げ、個人の想いや学びから価値を創造し続けるイノベーティブ組織を目指す。

詳細情報

会場 オンライン開催
※当日はWeb会議サービス「Zoom」を使用します。
※下部の「お申し込みはこちら」ボタンから遷移するページの日付選択の項目にて、今回の日付をご選択ください。
※第53回までは一度当定例ウェビナーの参加登録された方は以後登録不要となっておりましたが、第54回より形式を変更し、過去登録済みの方も毎回事前登録が必要となりました。恐れ入りますが、ご視聴希望の回について都度ご登録をお願い致します。
参加料金 無料
主催 シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所/シエンプレ株式会社