セミナーSeminar

DIGITAL CRISIS RESEARCH INSTITUTE

[特集] シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所ランチタイムセミナー

第67回『オリンピックとワクチン問題に見る論調変化と真偽の見極め方とは?』

2021年09月22日(水) 12:00〜13:00(11:45~入室開始)

第67回『オリンピックとワクチン問題に見る論調変化と真偽の見極め方とは?』

今回の内容

第67回となる今回のゲストは、元BuzzFeed Japan創刊編集長の古田大輔氏です。

古田氏は、朝日新聞記者からBuzzFeed Japan創刊編集長を経て独立し、現在は株式会社メディアコラボの代表取締役を務めている人物です。ジャーナリスト・メディアコンサルタントとして、その他にもファクトチェック・イニシアティブ理事、インターネットメディア協会理事、ONAJapanオーガナイザーなど、多数の役職を兼務されております。共著には『フェイクと憎悪』がございます。

今回は、「オリンピックとワクチン問題に見る論調変化と真偽の見極め方とは?」をテーマに解説いたします。今話題になっている「ワクチン問題」に関する考察や、「東京オリンピックの開催前と開催後でのSNS世論の変化」についての独自調査の結果を発表いたします。また、フェイクニュースの実態や真偽を見極める方法についてご説明いたします。

パネリスト

桑江 令(くわえ りょう)

シエンプレ株式会社 主任コンサルタント 兼 シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所 主席研究員。 デジタルクライシス対策の専門家として、NHKのテレビ番組に出演したり、出版社でのコラム、日経新聞やプレジデントへのコメント寄稿も担当。一般社団法人テレコムサービス協会 サービス倫理委員も務める。

古田 大輔(ふるた だいすけ)氏

株式会社メディアコラボ 代表取締役。1977年福岡生まれ、早稲田大政経学部卒。2002年朝日新聞入社。社会部などを経て、アジア総局員、シンガポール支局長。帰国後はデジタル版を担当。2015年10月に退社し、BuzzFeed Japan創刊編集長に就任。2019年6月に独立し、株式会社メディアコラボを設立。フリーランスのジャーナリスト/メディアコンサルタントに。その他の役職に、インターネットメディア協会理事、ファクトチェック・イニシアティブ理事、Online News Association Japanオーガナイザー、早稲田大院政治学研究科非常勤講師など。共著に「フェイクと憎悪」など。

詳細情報

会場 オンライン開催
※当日はWeb会議サービス「Zoom」を使用します。
※下部の「お申し込みはこちら」ボタンから遷移するページの日付選択の項目にて、今回の日付をご選択ください。
参加料金 無料
主催 シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所/シエンプレ株式会社