セミナーSeminar

DIGITAL CRISIS RESEARCH INSTITUTE

[特集] シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所ランチタイムセミナー

第92回『なぜCM動画は炎上するのか?クリエイティブを科学することで見えることとは』

2022年09月07日(水) 12:00〜13:00(11:45~入室開始)

第92回『なぜCM動画は炎上するのか?クリエイティブを科学することで見えることとは』

今回の内容

第92回となる今回のゲストはGMOプレイアド株式会社 代表取締役社長の冨岡信之氏です。

冨岡氏は、デジタルエージェンシーでの広告営業を約10年、そののち運用型広告のコンサルティングとエンジニアの組織づくりに約5年従事し、現在GMOインターネットグループの広告メディアセグメントで、GMOプレイアド株式会社を立ち上げ、代表取締役として広告業界に貢献すべく事業展開をしています。進化する広告メディアに対し、CM制作工程をDXして広告主の課題解決するSaaS動画検証ツールPlayAds(プレイアズ)を開発提供しています。

今回は、「なぜCM動画は炎上するのか?クリエイティブを科学することで見えることとは」をテーマに解説いたします。

近年、動画広告の市場規模は急拡大し、動画を販促ツールとして活用する企業が増えています。動画は短時間で多くの情報を伝えることができ、印象にも残りやすいという大きなメリットがある一方、メッセージの受け取られ方によっては炎上するリスクも抱えています。本セミナーでは、過去に物議を醸したCM動画について科学的に分析し、なにが問題だったのかを数値的なデータを元にしながら解説いたします。

堅苦しくない内容を目指しますので、お昼のランチタイムにご飯を食べながら、仕事のちょっとした休憩がてらなど、お気軽にご視聴いただければと思います。途中までの参加、途中からの参加も可能です。在宅でも視聴可能ですので、ぜひ一度お気軽にご参加ください。

パネリスト

桑江 令(くわえ りょう)

シエンプレ株式会社 主任コンサルタント 兼 シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所 主席研究員。 デジタルクライシス対策の専門家として、NHKのテレビ番組に出演したり、出版社でのコラム、日経新聞やプレジデントへのコメント寄稿も担当。一般社団法人テレコムサービス協会 サービス倫理委員も務める。

冨岡 信之(とみおか のぶゆき)氏

GMOプレイアド株式会社 代表取締役社長。デジタルエージェンシーでの広告営業を約10年、そののち運用型広告のコンサルティングとエンジニアの組織づくりに約5年従事、現在GMOインターネットグループの広告メディアセグメントで、GMOプレイアド株式会社を立ち上げ、代表取締役として広告業界に貢献すべく事業展開。進化する広告メディアに対し、CM制作工程をDXして広告主の課題解決するSaaS動画検証ツールPlayAds(プレイアズ)を開発提供。プライベートではトライアスロンで海外のアイアンマンレースに出場しており、CMクリエイティブの分析ができる最も体力がある人間の1人。

詳細情報

会場 オンライン開催
※当日はWeb会議サービス「Zoom」を使用します。
※下部の「お申し込みはこちら」ボタンから遷移するページの日付選択の項目にて、今回の日付をご選択ください。
参加料金 無料
主催 シエンプレ デジタル・クライシス総合研究所/シエンプレ株式会社