セミナーSeminar

DIGITAL CRISIS RESEARCH INSTITUTE

[特集] デジタル・クライシス総合研究所ランチタイムセミナー

第7回『鹿毛康司氏が考える「新型コロナ下でどんなコミュニケーションをするべきか?」~思考停止で手法に頼る人は炎上する~』

2020年06月24日(水) 12:00〜13:00(11:45~入室開始)

今回の内容

第7回となる今回のゲストは、株式会社かげこうじ事務所代表取締役の鹿毛康司氏です。

鹿毛康司氏は、雪印乳業を経て、2003年にエステー株式会社に宣伝責任者として入社。2011年震災直後の「ミゲル少年と西川貴教の消臭力CM」で社会現象を巻き起こすなど、同社を日本有数のコミュニケーション力のある企業へと導いたクリエイティブディレクターです。現在は、エステー(株)コミュニケーションアドバイザーの他、グロービス経営大学院准教授、日経クロストレンド アドバイザリーメンバー、Add-tech東京ボードメンバーなどを務めております。

今回は、「鹿毛康司氏が考える『新型コロナ下でどんなコミュニケーションをするべきか?』~思考停止で手法に頼る人は炎上する~」をテーマに、直近の事例などを例にあげながら解説いたします。

・炎上マーケティング、炎上ビジネスの有効性の有無
・SNSの効果的な発信やキャンペーンの成功事例

等、前回いただいたご質問にもお答えする予定です。前回ご参加頂いた方も、今回はじめてご参加頂く方も楽しめる内容となっております。

堅苦しくない内容を目指しますので、お昼のランチタイムにご飯を食べながら、仕事のちょっとした休憩がてらなど、お気軽にご視聴いただければと思います。途中までの参加、途中からの参加も可能です。在宅でも視聴可能ですので、ぜひ一度お気軽にご参加ください。

パネリスト

桑江 令(くわえ りょう)

シエンプレ株式会社 主任コンサルタント 兼 デジタル・クライシス総合研究所 主席研究員。 デジタルクライシス対策の専門家として、NHKのテレビ番組に出演したり、出版社でのコラム、日経新聞やプレジデントへのコメント寄稿も担当。一般社団法人テレコムサービス協会 サービス倫理委員も務める。

鹿毛 康司(かげ こうじ)氏

株式会社かげこうじ事務所 代表取締役。 クリエイティブディレクター、プロフェッショナルマーケター。 雪印乳業を経て、2003年にエステー株式会社に宣伝責任者として入社。 2011年震災直後の「ミゲル少年と西川貴教の消臭力CM」で社会現象を巻き起こすなど、同社を日本有数のコミュニケーション力のある企業へと導いた。 YouTubeがまだ生まれていない2003年に動画配信、2006年のツイッター黎明期に「中の人」を始めるなど、その時代の新しいツールをとりいれてマーケティング手法の開発もおこなってきた。 エステー株式会社執行役を経て、2020年6月事務所を設立。 現在は、エステー㈱コミュニケーションアドバイザーの他、グロービス経営大学院准教授、日経クロストレンド アドバイザリーメンバー、Add-tech東京ボードメンバーなどを務める。 著書:「愛されるアイデアのつくり方」(WAVE 出版)ほか。受賞:マーケターオブザイヤー (MCEI),WEB人貢献賞、ACC 、GOLD、フジサンケイ広告大賞(TVCMクリエイティブ優秀賞、ラジオ最優秀賞)、Ad-tech Tokyo セッション1位など。

詳細情報

会場 オンライン開催
※当日はWeb会議サービス「Zoom」を使用します。
参加料金 無料
主催 デジタル・クライシス総合研究所/シエンプレ株式会社