セミナーSeminar

DIGITAL CRISIS RESEARCH INSTITUTE

[特集] デジタル・クライシス総合研究所ランチタイムセミナー

第25回『やれるからやられる、悪意あるハッカーはここを見る!』

2020年11月04日(水) 12:00〜13:00(11:45~入室開始)

今回の内容

第25回となる今回のゲストは、株式会社レオンテクノロジー代表取締役社長の守井浩司氏です。

レオンテクノロジーは、日増しに高まるサイバーリスクに対応する少数精鋭のホワイトハッカー集団です。「ハッカー」とは広義でコンピューターやネットワークに関する高度な知識や技術を持つものを指す呼び名で、ホワイトハッカーとは、高度なハッカー技術を善良な目的のために使う人物を指します。

レオンテクノロジーでは、セキュリティ診断、対策から監視・運用・保守までサイバーセキュリティに不可欠なソリューションを総合的に提供しています。精度の高い診断技術や詳細なセキュリティ事故の調査力に加え、対応範囲の広さ・迅速かつ柔軟な対応・高いコストパフォーマンスが評価されています。また、 大手企業や官公庁をはじめ多くの取引実績がございます。

今回は「やれるからやられるへ、悪意あるハッカーはここを見る!」をテーマに、増加し続けるサイバー攻撃の脅威から身を守るためにできることを解説いたします。
最近、サイバー攻撃による被害が後を絶ちません。個人情報漏洩、マルウェア感染、標的型メール、等々…。これからの時代を生き抜くには、ITリテラシーを正しく持ち、セキュリティスキルを向上させることが必要不可欠です。本セミナーでは、最新のサイバーセキュリティ攻撃の事情に着目し、その対策方法についてご紹介いたします。

堅苦しくない内容を目指しますので、お昼のランチタイムにご飯を食べながら、仕事のちょっとした休憩がてらなど、お気軽にご視聴いただければと思います。途中までの参加、途中からの参加も可能です。在宅でも視聴可能ですので、ぜひ一度お気軽にご参加ください。

パネリスト

桑江 令(くわえ りょう)

シエンプレ株式会社 主任コンサルタント 兼 デジタル・クライシス総合研究所 主席研究員。 デジタルクライシス対策の専門家として、NHKのテレビ番組に出演したり、出版社でのコラム、日経新聞やプレジデントへのコメント寄稿も担当。一般社団法人テレコムサービス協会 サービス倫理委員も務める。

守井 浩司(もりい こうじ)氏

株式会社レオンテクノロジー代表取締役社長。1981年、京都府生まれ。株式会社レオンテクノロジー2005年3月設立。各種サイバーセキュリティ事業を展開。自身も現場の最前線にて活動を続ける傍ら、ホワイトハッカー育成やサイバーセキュリティの第一人者として、各種取材や講演活動を通じて、セキュリティに関する啓蒙活動に注力。

詳細情報

会場 オンライン開催
※当日はWeb会議サービス「Zoom」を使用します。
参加料金 無料
主催 デジタル・クライシス総合研究所/シエンプレ株式会社